更年期障害体験記!プレマリンやエストロモンに救われた閉経後の私

更年期障害を改善する薬

更年期と呼ばれる時期は人によっては多少の違いがあるものの40半ばから50半ばに掛けての約10年間を指し、その間で女性の体にも大きな変化が起こる様になり、閉経を伴うので女性ホルモンの放出量に急激な変化が起こりホルモンの均衡が乱れる事で体や精神に障害をきたす様になり、これを更年期障害といい、本症は全く気にならない方もいますが、症状が前面に強く現れてしまう場合には日常生活に支障を及ぼしてしまう事もあり堪え難い苦痛と感じてしまう方もいる為、プレマリンという卵胞ホルモン薬を使っての治療が必要になる事もあります。

更年期障害は、自律神経症状と精神障害が相互に現れまた不規則で必ずこれといった症状はなく、代表的なものとしてホットフラッシュと呼ばれる気温が高くないにも関わらず、体が火照る様に熱くなる事があります。

原因は閉経により卵巣の機能が低下する事でEEの放出量が減る事で脳内の指令とは異なる状態になり自律神経が混乱する事で起こるとされ、多くの場合はホルモンを体に補充する事で解消されるとされています。

プレマリンとは、結合型エストロゲンを配合しているホルモン剤となり体内に取り込まれる事でEEに転換され不足しているものを補充する事ができ、これはホルモンの均衡を整える事に繋がり二つの不快あるいは苦痛に感じる症状を改善する事になり更年期障害の治療に繋がります。

またプレマリンは、世界でも唯一骨量の増加や骨折の予防効果が認められているホルモン剤でもあり、また正式に認められている訳ではありませんが骨粗しょう症の治療に応用して用いられる機会のある薬でもあります。

副作用として良く見られるのが吐き気や嘔吐、不正出血、または乳房に張りが出たり痛みを感じる事もありますが、体が薬に慣れていない状態となる為にこの様な症状が起こり、二~三ヶ月程度で慣れ軽減させる事が出来ます。

本剤にはエストロモンという後発薬があり、同一成分となり使用上のメリットとして低価格での使用が出来る為、頻回投与となる際にはエストロモンに切り替える事も有効な選択になり、エストロモンも同様に本症の改善に役立つ薬になります。