更年期障害体験記!プレマリンやエストロモンに救われた閉経後の私

ホルモンとプレマリンの関係

更年期障害とは、女性の方ばかりが罹患する症候群と考えられていますが男性の方でも起こる事があり、女性の方では50代のはじめあるいはその前に閉経期に入り卵巣の機能が低下する事により、男性の方は肉体の劣れと共に精神への負担等を原因として腎臓の近くにある副腎の機能低下により起こるとされ、どちらも内分泌系の機能が十分ではなくなる事で起こると考えられ、女性ホルモンエストロゲンと男性ホルモンテストステロンの分泌量低下により発生します。
更年期障害の症状としては自律神経系の不具合で起こる動悸や血圧の乱高下、代表的な火照りやのぼせといったホットフラッシュ、多汗、頭痛等様々な事が体を不快にさせ、精神への症状もあり抑鬱気分や情緒を不安定とするあるいは苛立ちを感じやすくなる等が起こり、いずれの症状も心身症に類似した様相を呈する事があり、また不規則であり辛いと感じる強弱は本人の精神に関わる要素を大きく含むと考えられています。
また男性の方の場合には、性的な機能に関わるリビドーの衰退による性的事象への関心低下やED、また同様に精神への症状が現れ記憶力が薄れたり、集中が困難になる、落胆感、不安感、抑鬱症状が診られる事があり身体的な症状として自律神経不具合に起こるものと類似した症状が現れる事もあります。
乳癌発症のリスクを伴うものの有効な方法として行われる治療がHRT等の不足するホルモンを補う補充療法となり、プレマリン等の女性ホルモンエストロゲン補充が出来る薬剤の投与あるいは体に付ける事で補える貼付剤である外用薬の使用が挙げられプレマリン等を使った治療は欧米では30年以上、国内では十数年行われている方法になります。
また男性の方にはテストステロンを補充する治療がありますが保険の適応を受ける事の出来ない自由診療となるので注意する必要があり、薬剤投与による際は癌をはじめ血栓症の危険性を高める事もあるので投薬期間中は定期的に検査を受ける事を強く推奨します。