更年期障害体験記!プレマリンやエストロモンに救われた閉経後の私

更年期障害の改善

女性が年を取ると共に避けては通れない道、それは更年期です。
この時期に起こる様々な症状を総して「更年期障害」と言います。
この更年期ですが女性が閉経を迎える前後10年間の事を指し大体45歳ころから50歳ころまでの事になります。
女性の閉経と言うのは生理が来なくなることで、通常50歳で起こると考えられています。
この閉経に向け今まで分泌が行われていた女性ホルモン(卵胞ホルモン)などが急激に減少されるようになるのです。
今まであったホルモンが急に減少しだすので体が変化についていけず、必要なホルモンが無くなってしまう事が原因で様々なトラブルが起きてしまうのです。
例えば一番多い症状でホットフラッシュと言うものがあります。
このホットフラッシュと呼ばれる症状ですが、ほとんどの方が経験していると言っても過言ではありません。
手足は冷たいのに、顔がほてってしまい大量に汗が出てしまうなど、気温関係なく顔が赤くなってしまいます。
年頃になって体が異常に暑くなってきたらホットフラッシュか、病気かのどちらかでしょう。
更年期障害は自律神経失調症の一部と考えられており体の異変の他に精神的な事に対してもトラブルが起こってしまいます。
うつ気味になってしまったり、不眠症になったりと日常生活において生活が困難になってしまうこともあります。
特にこの時期は子供の成長や親に対しての悩み、夫が家にいるようになるなどの日常生活の変化も増えてきます。
女性ホルモンはその字のごとく女性にとって大切な物であり、体調が悪くなってしまう原因でもあるのです。
もちろん中には更年期に入っても何ら問題なくスルーする方もいらっしゃいます。
逆に30代でもこのようなことが起きてしまう方もいらっしゃいます。
40歳で閉経を迎えた方は30代半ばでも女性ホルモンが急激に減少してしまうのです。
若年性更年期障害とも言い、最近若い人にとっての大きなトラブルとなっています。
更年期を迎えるにあたって十分な準備を行う必要があります。
食生活の見直し、ストレスの発散方法、家庭内の問題など少しでも改善できることはやっておいたほうがよいでしょう。
特に運動不足は当てはまる人が多いです。
運動を行う=ストレス発散にもつながりやすいので心がけるようにしましょう。