更年期障害体験記!プレマリンやエストロモンに救われた閉経後の私

更年期障害の症状

女性ならばいつかは来る更年期、女性の閉経が50歳ぐらいだと言われておりその前後の期間を更年期と呼びます。
45歳から更年期は始まるのですが、年齢を増すごとによって卵巣の機能は低下していきます。
それにより卵巣から放出される女性ホルモンが減っていってしまい、ホルモンバランスを乱してしまい自律神経失調症などをおこしてしまいます。
他にも精神的ストレスなどが出やすくなり、脳に影響を与えうつ状態や不安な気持ちになってしまうのです。
これらのことを更年期障害とよび、55歳以上になると段々症状も落ち着いてくるといわれております。
更年期障害は個人差があり、まったくならない方や、逆に寝込んでしまう方などもいらっしゃいます。
一番多い症状として、ホットフラッシュとよばれる顔がほてったり熱くなったり、汗が異常に出やすくなってしまいます。
女性でよく汗がひどくなると、もしかして更年期障害?と考える人が多いようです。
最近ではこのホットフラッシュよりも、腰痛、肩痛、不安や緊張などといったうつ病などに似た症状がでやすくなってるともされております。
精神的に悩む人が多く、今まで普通に遅れていた日常生活でさえ送れなくなってしまうこともあり、家事や仕事などもてにつかないほどになります。
もちろん更年期障害はれっきとした病気なので、ひどい場合は必ず医師に相談して診察を受けましょう。
血液のホルモン検査をすることで状態がわかりやすくなります。
卵胞ホルモン(エストロゲン)が急激に減少してしまうので治療方法として女性ホルモンを治療薬で補充していきます。
プロ下種チン(黄体ホルモン)も一緒に投与することで、子宮体がんの発生や進行を防ぐことができます。
更年期障害は他の病気なども見落としがちになってしまうので、おかしいなと感じたら必ず検査を受けましょう。
女性は男性よりも甲状腺ホルモンの異常による疾患になりやすいとされております。
そして更年期障害と症状がとても似ております。
もし、急激に痩せたり、急激に太ったりと感じたら甲状腺の検査もしてみましょう。
更年期にこれらの症状が出ないようにするためにはまず日ごろの生活環境や生活も大事です。
もちろん個人差もあるので一概には言えませんがよく運動して、食生活などにも気をつけましょう。